使用例


ここではfilter.txtやfilter.rbの使用例を載せておきます。必要に応じてコピペすることもできます。文頭の記号は、(T)はfilter.txt等のtxtファイルを、(R)はfilter.rb等のrbファイルを編集することを意味します。どちらのファイルも保存する際は必ず UTF-8 を指定してください

2018/05/10 作者はこんな感じで使うを追加。


目次


編集方法

(T)txtファイル

filter.txtの任意の行に挿入してください。

(R)rbファイル

filter.rbの次の位置にそれぞれ挿入してください。

以下は20回以上コメントしている人のコメントを全て消す例です。

以下は「ほげ」「ふが」「ぴよ」の内、1つでも発言した人のコメントを全て削除する例です。


(R)同じコメントが10個以上ある時全て削除


(R)「NG推奨→<ユーザーID>」系のコメントに書かれたユーザーのコメントを消す


(R)大量にコメントしている人のコメントを全て削除

次の例では、コメントの数が20回を超えてたユーザーのコメントを全て削除しています。2行目末尾の20はお好みで調整してください。


(R)アウトな行動をした人のコメントを全て削除

次の例では一度でもshita bigでコメントした人のコメントを削除しています。これを一度でも「ゆとり」と発言した人に対象を変える場合は4行目を「chat.content.include?('ゆとり') 」と書き換えます。

この箇所だけは他と比べるとややテクニカルな(というかコード読んだ人しかわからない)ので、不明瞭な点があればお気軽にご相談ください。


(T)冗長なコメントを略記

下の例では4回以上の繰り返しを省略の対象としています。{3,}の3を10に変えれば11回以上の繰り返しが省略の対象となります。


(T)パソコン以外からのコメントを削除


(T)プレミアム会員以外のコメントを削除


(T)NGスコアが-1以下のコメントを削除

if以降をchat.score <= -1000と書き換えればNGスコアが-1000以下のコメントが消えるようになります。


(T)5秒以内にされたコメントを分散

500の部分を1000に変えると10秒以内のコメントが分散されます。数値は1/100秒単位で指定できます。


(T)投稿者に削除されたコメントを復元


(T)下コメの末尾に改行を追加


(T)長文コメントを削除

次の例では20文字以上のコメントを削除します。


(T)絵文字を含むコメントを削除


(T)カタカナのみのコメントを削除


(T)「なう(2018/1/18)」系のコメントを削除


(T)コメントの末尾にNGスコアを付加


(T)投降者コメント以外削除


(T)コメントを半透明化

末尾に` if ~'などを追加すれば特定のコメントを半透明にできます。


(R)作者はこんな感じで使う

ここの内容は不定期で変わるかもしれませんので悪しからず。

filter.rbのみを使い、filter.txtは使っていません。2行目以降の各行の`#'以降はコメントなので削除しても動作します。全体的に何をしているのかというとユーザーID毎に数値を設定してそれに応じて独自にコメントの明度や透明度を変更しています。公式プレイヤーでのNG設定は一切せず基本的にどのコメントも消さずに見ています。また、あまり設定が複雑になりすぎるとコメントが表示されるまでに時間がかかってしましますが、動画が読み込まれるよりはずっと早い(0.3秒程度)のでこちらの環境では特に問題ありません。

色はこんな感じで変化します。1以降はsmallに、5以降は半透明になります。一度若干青っぽくなるのは気分です。

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29